Loading...

別れさせ屋ができること

by fukuen, 2018年1月17日

復縁したいけれど相手には新しいパートナーがいる

「別れても忘れることのできない大切な人ともう一度やり直したい」
このように復縁を願っていても、すでに相手に新しい恋人や配偶者がいる。
もしあなたがこんなシチュエーションにいるとしたらどうしますか?
「もう無理だと」復縁をあきらめますか?
それともどうにかして復縁の可能性を探し出そうと努力しますか?
もし復縁を真剣に望むのであれば、プロの復縁屋へ相談すると言う選択肢もあります。

復縁屋は依頼を受けると依頼主が復縁したい相手、つまりターゲットについて徹底的に調査を行います。
この調査は一般の探偵事務所や興信所が行うように、張り込み、尾行、聞き込みなどを通じてターゲットに関するあらゆる情報を集めます。
そして調査でターゲットに恋人や配偶者がいることが確認できれば、まずは焦点を「ターゲットとそのパートナーの恋愛関係・夫婦関係の解消」に絞り、別れさせ屋が綿密に別れさせ工作、作戦を練ります。

別れさせ屋は本当に必要?

ターゲットに恋人や配偶者がいるからといって、必ず別れさせ屋による別れさせ工作が必要だとも限りません。
もし浮気調査した結果、ターゲットとそのパートナーの関係がもうすぐ壊れそうだと判断できれば、別れさせ屋は積極的に行動に出ないでしばらくは様子をうかがいます。別れさせ屋が積極的に動けばそれだけ費用も高くなり、依頼者の経済的負担になるからです。

料金は業者によって差がありますが、復縁相談をうけ、そこから別れさせるための計画を立て実行するとなると、少なく見積もっても数十万円単位のお金が必要になります。
そのために良心的な業者は料金のことを考慮して
「しばらく様子をうかがう」
もしくは
「即別れさせるために別れさせ工作を仕掛ける」
のどちらを選ぶか依頼主に確認するはずです。
依頼主が
「少しでも早く復縁したいからお金には糸目をつけない」
と望めば、別れさせ屋が積極的に動きます。
しかし依頼主の予算が限られている場合では、別れさせ屋の工作を行わないこともあります。費用を抑えるために別の方法を実行します。例をあげると依頼主が自らイメージチェンジをして、ターゲットに対して魅力的な存在になるという方法などです
もちろんこのような間接的な復縁工作のみでは、復縁が成功する確率はかなり低くなります。
理想的な方法は、別れさせ屋の別れさせ工作と並行して、依頼主がターゲットの好みに合うようにイメージチェンジや自分磨きをすることです。

復縁への障害を取り除くために

カレや元カノ、または離婚した元妻や元夫ともう一度やり直したい、復縁したいと考えていても、相手にその気が全くない場合には復縁するのはなかなか難しいのが現実です。
特に元パートナーがすでに他の人と相思相愛という場合には、元のパートナーが自分の方を向いてくれる可能性は非常に低くなります。

元恋人や元配偶者を忘れられず苦しんでいる人は少なくありません。でも別れた相手に新しいパートナーができると知ると、泣く泣くあきらめる人もいます。
しかし別れた相手に新しい恋人や配偶者がいたとしても、復縁の可能性がゼロではありません。目の前に立ちはだかる障害を取り除くことで、再び愛する人を取り戻すチャンスが訪れます。
障害を取り除く、すなわちそれは「別れても愛している相手を恋人や配偶者から遠ざける」ことになります。
別れさせ屋は復縁するために大きな障害となる「相手の新しい恋愛や婚姻関係」を解消するためのノウハウを持っています。

復縁への障害を取り除くための別れさせ屋

「人の幸せ」を壊すことについて

「依頼を受けて誰かの恋愛や婚姻関係を壊そうとする」
「そんなの略奪愛だ」
このように別れさせ屋の仕事を、利益のため人の幸せを壊すモラルに反する業種と批判をする人もいます。
明らかに違法な方法を用いて別れさせるための工作をする業者であれば、もちろんそれは行政の取締りの対象となります。
例えば工作員が肉体関係を利用したり、またはヤクザなどを雇って脅かしたりする業者は処罰されるべきです。
しかし法に触れない方法で、恋愛で悩む人をサポートしてながら複雑な人間関係を整理するプロ集団を「モラルに反する」と頭から否定するのはどんなものかと思います。

例えば自分の兄弟の交際相手が奇妙な新興宗教に属していたら、あなたはどうしますか?
もしくは自分の夫が浮気、不倫を重ねて家族を困らせていたらどうしますか?
「付き合っている本人同士が愛し合っていて幸せだからそれで良い」
と放っておくことができますか?
自分の家族が心配なら、好ましくない交際は終わらせてもらわなくては思うはずです。
そして自分の力や周囲の協力だけで、このような難しい問題が解決できないとなれば、頼りにできるのはやはり専門家ではないでしょうか?

もちろん自分が別れた相手とただ「復縁」したいたがために、別れさせ屋浮気調査や別れさせ工作を依頼するとなれば賛否両論があるのも納得できます。
「自分のエゴで幸せな恋人たちや夫婦を別れさせるなんて言語道断」という意見も耳にします。

しかし数十万円から数百万円という大金をかけ、成功するかどうか分からない復縁に望みを託すのは、本当に相手を愛していなければできないことです。
考えようによっては、このように誰かから深く愛されているのは、ひとりの人間として非常に幸せなことです。
また別れさせるための工作が原因だとしても、外部からの影響で別れてしまう恋人たちや夫婦なら、結局その2人の結びつきはそれほど強くなかったとも考えられます。

本当に自分を愛してくれる人と一緒になることは、幸せなことです。
単純に見れば別れさせ屋が行う行為はモラルに反するようには見えるかもしれません。しかし「真実の愛」を追求する人を誠心誠意サポートするスタッフの姿を見れば、必要な職業であると感じるはずです。

なるべく傷つく人が少ないように、上手に「自然な別れ」を演出するのが、良い別れさせ屋だと私は思います。


※「別れさせ屋」「別れさせ工作」は復縁したいの登録商標です
※「復縁屋」「復縁工作」は復縁屋株式会社の登録商標です。

復縁したいと思っても、相手に新しい彼女や彼氏、もしくは妻や夫がいれば、復縁への道のりはかなり困難になります。そのために「復縁屋」と言う復縁の専門家にサポートを頼む人もいます。
依頼主が復縁を望むターゲットにパートナーがいる場合、まず別れさせ屋が動いて、ターゲットの恋愛や夫婦関係を解消することを第一の目標にします。
この「別れさせ屋」という業種は、賛否両論がありますが、真実の愛を貫き通したいと願う人にとっては、頼れる専門家であることは否定できません。

別れさせ屋と復縁屋.jp